旦那、妻に浮気された体験談&不倫の証拠集め方

浮気された体験と慰謝料を取る不倫の証拠の集め方を公開するブログ

探偵の浮気調査の費用の相場は?

旦那さんや奥様の浮気・不貞問題・・・あってほしくはないことではありますが、そのような色んな面倒なことが自分自身に生じた時、探偵や興信所にお任せせざるを得ないというケースも出てくるだろうと思います。

だけど、探偵や興信所にカウンセリングやお願いするということも、一生の中にそう多くはある出来事でなく、さあ見つけようと考えてもどちらにお願いすればいいのか?また、費用も高額ではないか?と心細く思われる人も多いと考えられます。

考えてみたら、インターネットで探偵や興信所のウェブサイトからしても、その数は非常に多くて、価格表を比べても個々の会社により依頼費用の金額もバラバラでかなりわかりにくいです。

こちらのページでは、そのように分かりにくい探偵や興信所の費用について、だいたいの金額の相場やどのような費用が発生し、どのような料金体系があるか、更には探偵や興信所を比較検討するの中で、どのような点に注意すればいいのかといったポイントについて、わかりやすくまとめてあります。

 

 

1時間当たりの料金は、底の方は10,000円/2人で、上が25,000円/2人が相場という事になってきます。

この間の金額であれば、それほど料金の相場から外れていないとみていいかと思います。

 

これが人件費の最少金額の相場になるかと思います。

探偵や興信所の費用を比べてみる際には、見積もり価格の合算金額から必要経費等を除外して、人件費部分を時間数と頭数分で割ってみて、その総計がこの10,000円~12,500円という値段相場を基として、これよりも手頃なのか割高なのかを対比させてみるのも一つのやり方かと思います。

逆に、どれほど人件費が相場通りであったり、あるいは相場より安い金額でも、諸経費を合算した合算金額で比べるとむしろ割高になってしまうという時もありますので、原則あらゆる費用を合算した費用で検討することは言うに及ばないかと思います。

加えて、探偵や興信所の料金体系の特長の中に、調査担当者1人分の料金となっていても、実際の現場では2~3名1組で調査する傾向が高いので、だいたい調査員2~3名分の料金として掲示されることが相場です

探偵や興信所のネットで、費用の掲載はあったとしても何人分の価格なのかという掲載がないなら、前もって何人分の価格なのかをチェックしておいた方が良いでしょう。

以上のような浮気調査の費用の相場は、個々の探偵や興信所が自分の会社のにも無理がなく、さらには依頼人にも出来るかぎり無理がないように算出されてきた長い期間のキャリアに基づくある程度適切な値段の相場なので、これよりも大幅に割高だったり、反面大きく安い料金だったりするケースでは、気を付けるようにしましょう。

 

 

探偵の浮気調査の基本的な料金体系

前述1時間あたりの値段相場をもとに、探偵や興信所の合計金額の大半を占める人件費が割り出しされ、加えてにさらに次の様な必要経費を重ねていき、最終的な値段の総計が決定されるわけです。

全部の探偵や興信所が次にあげるような料金体系を取り入れているとは断定できませんが、いくつもの事務所に存在している仕組みです。

 

 

成功報酬= 成果が得られたケースのみ支払うことになるギャランティ

 

経費= 交通費、宿泊に掛かる費用、車両費、通信費、機材費、調査報告書作成費

 

浮気調査費用= 人件費、延長料金

 

探偵や興信所では、依頼者のニーズをやり遂げることを考えて、何種類もの調査テクニックを使用します。

それらの中でも中心となってくるのが、追跡、張り込み、聞き込みなどといった人的な方策です。

そういうわけで、探偵や興信所の費用の大半を占めるのは、おもに調査担当者に関する人件費になるのです。

この人件費(調査料金)はタイムチャージ制や成功報酬制など大きく2種類の料金体系で計算されます。

 

 

タイムチャージ制とは、

探偵興信所においての土台となる料金の計算方法で、簡単に言えば、実際に稼働する時間分だけ使用料を足していく形式で、1時間あたりの費用に実際に作業する調査担当者数と時間や日数を掛け合わせて割り出されるものになります。

おもに追跡や張り込みなどを軸とした調査で使われることが多いです。

所の基本的な料金体系

 

成功報酬とは、

成果ポイントが明確な調査やハードルが高くて絶対に結果が期待できるという保証はないが、人件費に限ってはかかるという局面で、前金で着手金を収め、結果が出たケースでのみ後から成功報酬を支払うことになるという料金体系になります。

数々の探偵興信所では、着手金は原則として成果が出ても出なくても返却はされませんので意識して下さい。

 

延長料金とは、

出始め決めていた時間をオーバーして調査をやらなくてはならなくなった時にプラスされる料金が延長料金です。

増加単位は、大抵は1時間毎すが、探偵や興信所によっては30分単位、15分ずつ延長費用がプラスされるところもあります。

気付かぬうちに延長されて後になって思いがけない費用を要求されても困りますので、延長する場合に、前もって探偵サイドから依頼人にコンタクトをくれるのか否かを確かめておいてください。

 

 

探偵や興信所における経費と言われるものにおいては、

実際にかかった経費を後から実費精算するものと、実費とは違う会社内の機材等を持ち出す経費があります。

実費については、追跡中にその度ごとにレシートを貰うのは困難であるケースが多いために、開始から価格に込みとしているケースや別途所定の一定料金をもらい受け、それを経費分としている探偵や興信所が殆どです。

けれど、所によっては、経費別途になっている所も存在しますので、そんな時には水増しされないためにもなるべくレシートや領収書を添付してもらうようにするといいでしょう

 

 解約料

上記の費用以外に、探偵や興信所と契約する際に、特に考慮しておいた方がいいものとして解約料があります。

解約料とは、基本的に契約書を交わし正式に依頼をしてから、実際に調査に着手するまでの間に、依頼をキャンセルする際に発生する手数料です。

その際の解約料の金額は、契約した料金総額の約8%といったところが相場とされていますが、このパーセンテージは探偵や興信所によってさまざまで、着手金として支払った費用の全額といったところもありますし、反対に着手前であれば解約料を取らないというところもあります。

 

 

浮気調査などでは、調査ターゲットが突如遠く旅行にでかけるケースがあります。そこが重要な点になりますから、探偵も同じ様に宿泊所などに宿泊することが必要不可欠になります。そうしたらその分の費用もかかることになるのです。このように考えると、かなりの費用が発生する事が予測されますね。

 

はじめて探偵に委託する場合、値段の高さにビックリすることでしょう。なわけですから、ふつうの人が手軽に探偵を利用できることではないと言えます。けれども、実際には依頼は多くあります。社長や弁護士さんなどお金もちの旦那さんの不貞を疑う主婦からの申し込みだけではなく、御主人さんが凄くありふれた会社員の奥様からの調査依頼も沢山あります。もし調査依頼をする必要があるならば、探偵会社のウェブサイトをはじめに確認しましょう。ちょっと前に言いましたように、調査依頼内容、あるいは調査方法によって代は違ってきます。

 

ですが、サイト上などでは、ある程度のコース内容・料金の目安が公開されているものも見受けられます。探偵会社の浮気調査にかかる金額について、相場と言われるようなものもあります。相場は全国的にそれほど違いません。時間単価と内容による単価を設定している会社が多いです。細かい内容を書かずに一括の見積もり価格を出す時もあります。

 

 ⇒  悩み、ご予算に応じた探偵社をご紹介・街角探偵相談所

スポンサードリンク