旦那、妻に浮気された体験談&不倫の証拠集め方

浮気された体験と慰謝料を取る不倫の証拠の集め方を公開するブログ

単身赴任でワンルームマンションに住んでいた話

私は2年前に転勤で広島に来ました。
広島駅の近くにあるワンルームマンションを会社が借りてくれていました。
最初はほとんど荷物もなく、寝具とテレビとパソコンくらいでした。
そして左隣には女子大生が住んでいました。
そこはある女子大の近くにあったからです。
私は夜遅く帰ることが多かったので、その女子大生と顔を合わすことはほとんどなか
ったのですが、ゴミ出しの時に何回か挨拶を交わす程度でした。
そしてある夏の暑い日に突然、ピンポンが鳴りました。
何とその女子大生が立っていました。
食事を作りすぎたので、食べてもらえませんか、という話でした。
彼女は美人といいうわけではありませんでしたが、可愛らしい女の子でした。
そこで私は、一緒に食べませんかと部屋に誘いました。
彼女は断ることなく部屋に入って来ました。
そして世間話をしながら彼女の作った食事を食べていると、ビールが飲みたくなりま
した。
コンビニが隣にあるので、そこにビールを買いに行きました。
彼女にもビールを飲んで欲しかったので、5?6本は買ったと記憶しています。
彼女は卒業間近だと言いました。
ですからビールを飲んでも許される年齢でした。
ですが高校時代からビールは飲んでいると言っていました。
そして酔っ払うとセックスがしたくなるというエロい話も積極的にして来ました。
そうか、セックスするために食事を持って来たのか、とすぐに察知できました。
そこで私はアルコールも入って大胆になっていたので、彼女のそばに行って唇を彼女
の唇に近づけて行きました。
すると彼女は自然に私の唇を受け入れて、更に私の口の中に舌を入れて来ました。
彼女はとても大胆でした。
Tシャツとミニスカートだったので、すぐに私は彼女を裸にすることができました。
彼女を横に寝かせて、私は彼女の乳首を両手で愛撫しながら、舌を彼女のあそこへ這
わせて行きました。
彼女はデリケートゾーンの処理が綺麗にできていました。
隠毛がとても少なかったので、すぐにクリトリスにたどり着くことができました。
舌でペロペロしていると彼女の女性器からラブジュースがジュルジュルと出て来まし
た。
とても美味しい味がしました。
お風呂から出たばかりの味がしました。
そうするうちにシックスナインの体勢になりました。
彼女は私の男性器をディープスロートでフェラチオしてくれました。
そして私は男性器を彼女の女性器に挿入したくなりました。
私が仰向けになると彼女は私の上に乗っかって、右手で男性器を握って女性器にあて
がいました。
そしてゆっくりと優しく挿入して行きました。
我慢ができなかったので、私は激しく下から腰を上下運動させました。
「いきそう」「もうだめ」と彼女が行ったので、私は更に激しく上下運動をしました

そしてお互いに声を出しながら、いってしまいました。
それは私の4回目の不倫でした。

スポンサードリンク