旦那、妻に浮気された体験談&不倫の証拠集め方

浮気された体験と慰謝料を取る不倫の証拠の集め方を公開するブログ

探偵の証拠撮りの方法:探偵は何を撮影するのか

浮気調査をするならば、探偵に頼んだ方が確実だと考える人もいると思います。
しかしその一方で、探偵事務所に依頼すれば当然のようにお金がかかります。
多くの探偵事務所は依頼主の予算に応じて調査方法を決めてくれますが、
それでも数十万単位でお金が必要になると言う事は言うまでもありません。
そのため、探偵事務所に依頼せずに、自分で証拠撮りをしたいと思う人もいるでしょう。
ここでは、探偵の証拠撮りの様子を紹介します。

 

1. 証拠撮りはラブホテルで! 

実は、パートナーが浮気相手と食事をしている様子や、
ビジネスホテルに泊まっている様子を写真に撮ったとしても、
それは証拠にはならないのです。
本格的な証拠撮りをするためには、ラブホテルである必要があります。
ラブホテルに行く事は目的は1つ。
つまりラブホテルに行く姿の証拠撮りをすると言うことで、
不貞関係を証明することになり、相手は言い逃れができなくなるのです。

探偵はまず、パートナーがどのラブホテルに行くかと言うことを突き止めます。
これに関しては、パートナーの財布などを確認し、
ラブホテルのメンバーズカードやホテルの領収書、
ホテルの名前入りのライターなどを探してみましょう。
浮気と言う事は何度もホテルに行くでしょうから、
同じホテルに通っている可能性があります。
このようにラブホテルを突き止め、
ホテルの駐車場やフロントで出入りする2人の証拠撮りを行うのです。
気をつけなければいけない事は、
パートナーや浮気相手に自分が証拠撮りをしていることが
わからないようにすることです。

さらに、証拠として必要な写真では、相手の顔がはっきりわからなければいけません。
さらに、ただ2人が歩いてる写真ではなくて、
ラブホテルの名前が入った看板との写真など、
2人がどこにいるのかということがわかる写真でなければいけません。
そのため、暗視カメラや望遠レンズなどが必要になります。
携帯電話や市販の普通のカメラでは、
そこまではっきり撮影する事はまずできません。
フラッシュを焚いて写真を撮るわけにもいきませんので、
まず機材を揃える必要があるのです。

 

2. 浮気相手の家に出入りする写真を撮る

もう一つ大切な証拠撮りは、浮気相手の家に出入りする写真です。
これは素人にはなかなか難しい証拠撮りになります。と言うのは、
浮気相手の家の近所に潜伏して写真を撮る必要があるからです。
近所の人にとっても、見慣れない誰かが誰かの家の様子を伺っていたりしたら、
警戒心を持ちます。
もしかしたら警察に通報されてしまう可能性だってないとは言えません。
さらに、家の前に入り込むわけにはいきませんから、
この場合にも暗視カメラや望遠レンズを使って写真を撮る必要があるのです。
探偵は撮影術にも長けていますので、違和感なく隠し撮りや尾行ができますが、
それに慣れていない素人には高度な技が要求されます。
しかし、それでも証拠撮りとしては浮気相手の家に出入りする写真も必要ですから、
なんとしても手に入れなければならないものの1つになります。

 

3. 証拠の枚数

証拠撮りして手に入れた写真や映像は、写真よりも映像の方が説得力があります。
写真を撮影する場合は、100枚単位で写真を撮りましょう。
たとえラブホテルに出入りする写真であっても、
浮気相手の家に出入りする写真であっても、
1枚2枚では意味がありません。必ず100枚単位で写真を撮るようにしましょう。
さらに、アナログの機材で写真をとると加工した可能性を
疑われることもありますので、
可能ならばデジタルの機材を用いることがオススメです。


いかがでしょうか。パートナーと浮気相手がレストランで食事をしている風景や、
喫茶店でコーヒーを飲んでいる証拠撮りもしやすそうに感じます。
しかし、ラブホテルや浮気相手の家の前で証拠取りをしなければいけないとなると、
少々ハードルが上がります。
それでも、慰謝料請求や調停、裁判を意識する場合は、
確実な証拠を手に入れなければいけません。
場合によっては探偵に頼んででも、
相手が言い逃れのできない証拠を手に入れましょう。

 

⇒ 信頼できる探偵選びはをコチラ

スポンサードリンク